This page looks best with JavaScript enabled

CASLⅡシミュレータ for WindowsをUbuntuとMac OSで動かす。

 ·  ☕ 5 min read  ·  ✍️ reud · 👀... views

CASL2を勉強する機会があったのですが、とても良くできているエミュレータの

CASLⅡシミュレータ for Windows

はその名の通りWindowsにしか対応していません。ですがどうしても他のOSで動かしたいじゃないですか?wineで動くのでWindowsの波から逃れましょう。

もくじ

必要なもの

msgothic.ttc (windowsの中に入ってるファイル[C:¥windows¥Fonts]にあります)

Ubuntuでやる場合

動作環境

今回はUbuntu 18.04 LTSでやります。

wineのインストール

以下のコードで最新版がダウンロード出来ます。

sudo dpkg --add-architecture i386 
wget -nc https://dl.winehq.org/wine-builds/Release.key 
sudo apt-key add Release.key 
sudo apt-add-repository -y -n https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ 
rm Release.key 
sudo apt update 
sudo apt install winehq-stable winetricks

winetricksなど便利なツールもインストールされます。

インストールの確認

ターミナルを開いて

$winecfg

と打ちwineが起動すれば成功です。

このコマンドを打つとWindowsで言うCドライブに該当するフォルダが作成されます。パスはhome/user/.wine/ となります。drive_cがCドライブに該当するフォルダです。

フォントを入れる

/home/user/.wine/drive_c/windows/Fontsにmsgothic.ttcを入れます。

こうすることでWindowsアプリケーションの日本語の文字化けを回避することができます。

インストール&起動してみる

vbCASL153.msiを上記からダウンロードしてきて、ターミナルでダウンロードしたファイルがあるディレクトリに移動します。

$ LANG="ja_JP.UTF-8” wine msiexec /i vbCASL153.msi

ショートカットで起動する場合はLANG="ja_JP.UTF-8” を環境変数に設定してください。

UTF-8に設定しないと文字化けしまくるので注意

インストーラーの指示に従ってインストールを進めていきます。

インストール後は/home/user/.wine/drive_c/Program Files (x86)/vbCASL に移動して

$ env LANG="ja_JP.UTF-8” wine vbCASL.exe

で実行すれば起動すると思います。

 

お疲れ様でした

続いてmacOSでの解説に移ります。

macOSでやる場合

動作環境

今回はmacOS Mojave ver 10.14.1

XQuatz をインストール

XQuatz の公式ページからインストーラをダウンロードしてインストールします。

wineのインストール

Wine の公式ホームページのダウンロードページからstableって書いてある奴をダウンロードしてインストールしましょう。

インストール後は一回だけでいいのでwineを実行しておきます。

実行するとターミナルが開かれ、そこに使い方が書いてあるので大丈夫でしょう。(一応後述しますが)

wineを実行して開かれるターミナルでないとwineのコマンドが使えないので注意です。

ちなみにFinderから動かしたいexeファイルを右クリックしてwineを選んで実行すればいいのでわざわざターミナルからやる必要もないと思います()

wineを起動すると

Windowsで言うCドライブに該当するフォルダが作成されます。パスはhome/user/.wine/ となります。drive_cがCドライブに該当するフォルダです。

フォントを入れる

/home/user/.wine/drive_c/windows/Fontsにmsgothic.ttcを入れます。

こうすることでWindowsアプリケーションの日本語の文字化けを回避することができます。

インストール&起動してみる

vbCASL153.msiを上記からダウンロードしてきて、ターミナルでダウンロードしたファイルがあるディレクトリに移動します。

$ wine msiexec /i vbCASL153.msi

注意ですがmsiファイルはwineのターミナルからじゃないと実行出来ない(ファイル右クリックでwineアプリが出てこない)のでwineのターミナルから実行してください。

インストーラーの指示に従ってインストールを進めていきます。

インストール後は/home/user/.wine/drive_c/Program Files (x86)/vbCASL にFinderで移動して

vbCASL.exeファイルを右クリックして「このアプリケーションで開く」からWine Stable.appを選び、

で実行すれば起動すると思います。

お疲れ様でした

 

最後に

本来と違う動作をしても責任取れないのですべて自己責任でお願いしますね

Share on

reud
WRITTEN BY
reud
Stundent