This page looks best with JavaScript enabled

AtCoderでの戦績がみれるバッジを作ってます。

 ·  ☕ 1 min read  ·  ✍️ reud · 👀... views

こんな感じの

Djangoをかじり始めたのでWebアプリの馴れ初めに作成をしています。

Djangoでiframeを許可するのがまぁまぁ大変で、

from django.views.decorators.clickjacking import xframe_options_exempt

をインポートして

iframeを許可するためには許可する関数の前にデコレータを付けることが必要です。

@xframe_options_exempt

すなわちviews.pyではこんな感じになるということです。

from django.shortcuts import render
from django.views.decorators.clickjacking import xframe_options_exempt

# Create your views here.
@xframe_options_exempt
def hoge(request):
    return HttpResponse('Its safe to iframe!!!')

これで他サイトからiframeでsrcにDjangoアプリのURLを指定しても適切につなぐことが出来ます。

以上!!

次はURLのクエリからユーザ名を指定して誰でもバッジを作れるようになったら

Share on

reud
WRITTEN BY
reud
Stundent