This page looks best with JavaScript enabled

Raspberry Pi Zero W をVPNサーバーにする備忘録

 ·   ·  ☕ 2 min read  ·  ✍️ reud · 👀... views

やること

Raspberry PiをPiVPNを使ってVPNサーバにします。これにより、外から自分の家のLANにアクセスすることができるようになります。PiVPNっていうけどざっくり言えばOpenVPNをラズパイに入れるって感じです。

他にも閲覧規制などが入ったWiFiの規制も超えられますが、やらないでね。やっても一切責任はとりませんよ

この記事は僕の備忘録とするので色々ざっくり目の解説をします。

手順

OSインストール

NOOBSを使ってサクッとインストールしましょう。OSはRaspbian Strech・・・にしようかと思ったけどRaspbian Fullとかいう面白そうなのがあったのでそれにします。

IPアドレスの固定

勝手に切り替えられると非常に困るので設定します

$ ip a 

でipアドレスを確認しましょ。

nano /etc/dhcpcd.conf

で編集

interface eth0

static ip_address=192.168.10.xxx/24

static routers=192.168.10.xxx

この辺をいい感じに操作しておしまい

PiVPNのインストール

これ

curl -L https://install.pivpn.io | bash

ポート番号を決めたらルータ側でそのポートとIPアドレスを解放してあげましょ

あとは色々やってくれて、その後再起動を入れましょう

ユーザの追加

$ pyvpn add

これでユーザを追加できます

/home/pi/ovpnsに鍵が生成されるのでfilezilla辺りで取ってきましょう。

あとはクライアント側が鍵をよしなにしてくれれば完了

Share on

reud
WRITTEN BY
reud
Stundent